空気

空中に風あり。風無くば淀み、曝せばまた乱れり。

空気あるところ、風は起きる。空気は流れる。

吹き曝しで、風ふくままでは、空気は乱れる。

閉じこもって密封すれば、風は起きないかもしれない。

しかし、風がなければ、空気が淀む。

無風では淀み、吹き曝しのそのまんまでもまた乱れる。

空は、無でもなく、またそのまんまでもない。

engin akyurtによるPixabayからの画像

最後までお読み頂きありがとうございました。
伊丹禅教室の茶話会等と同じく、ご意見ご質問等あれば、お気軽にコメントをお寄せ下さい。コメント欄ご使用に際し、使用方法、運用方針を含め、こちらをご確認ください。コメント欄は本記事の最下部にあります。皆様のコメントを是非活用させてください。よろしくお願いします。

更新情報の配信はこちらから

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。