彼岸について

暑さ寒さも彼岸まで。皆さんは彼岸の意味をご存じでしょうか?

彼岸とは、彼の岸、向こうの岸という意味です。

簡単に言えば、悟りの岸(パーラミタ)の事を言います。

日本人に馴染みのある「摩可般若波羅蜜多心経」の「波羅蜜多」は、この意味です。

そういうことから彼岸は、仏道に精進する週、言わば「仏教推進ウィーク」とも理解できます。

諸説ありますが、聖徳太子の頃の時代より始まったと言われ、また、収穫祭などの習俗と混ざり合って、先祖供養や墓参りなど、日本独自の彼岸会ができたとされています。

最後までお読み頂きありがとうございました。
伊丹禅教室の茶話会等と同じく、ご意見ご質問等あれば、お気軽にコメントをお寄せ下さい。コメント欄ご使用に際し、使用方法、運用方針を含め、こちらをご確認ください。コメント欄は本記事の最下部にあります。皆様のコメントを是非活用させてください。よろしくお願いします。

更新情報の配信はこちらから

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。