言葉の冷凍保存

文章を書いていると、ふと思うことがあります。言葉を扱うのは、料理とよく似ているなぁと。

そういうふうに考えるのはきっと、「お経は言ってみれば冷凍保存された食品と一緒」と老師(先生)から聞いたからかもしれません。

当然のことながら、昔と現代の言葉は違います。

人から発せられる言葉は、人と共に日々変化していきます。古典と現代文が違うように、時代によって変化します。

また場所によっても違う言語を使っています。同じ日本語でも方言で、解釈が変わる程に。

その時代、その場所によって言葉は違います。言葉に対する認識は違います。

しかし、言葉は文字に起こすことができます。その時のその言葉を、そっくりそのままに保存することができます。私はこれが冷凍食品みたいに感じます。

ならば、その時、その場所で発せられた言葉は食材です。

しかし、ただ言葉を発するだけでは、そのままでは伝わらないこともあります。私達は伝えようと色々考えます。話を組み立てていくのは、まさに料理と同じです。

私にとっては法話もそう感じます。プレゼンテーションなんかもそうでしょうか。

そして、文章を書くということは、料理を冷凍保存するようなもの。そうして、時代や場所を超えて、私達は食する(読む)ことができます。

ただ、冷凍保存することで、多少味が変わってしまう(意味が変わってしまう)でしょうから、できれば直接料理を食べる(会って話す)ことが大事ということも、共通していて面白く感じます。

そういえば、老師はこんなことも言っていました。

「お経ってのは魚でいえば、例えばタイだ。高級魚。でも長い年月冷凍保存されている。それよりも安い魚でもいいから、新鮮な魚を食べたいと思わないか?」

長い間冷凍保存された物より、新鮮なものを食べたい。できることであれば、旬の物を食べたいと思うのが人情でしょう。

だから私は、今の食材を使って自分で料理する事を覚えていかなくてならない。それもお坊さんの仕事でもないだろうか。

そんな風に受け止めた自分がいました。

ただ、私は冷凍保存された高級魚にも興味があります。どう料理されて、保存されたのか。それを知ることで、私の料理の幅もきっと増えてくるはずだと思うからです。

何にせよ、いかに高級な冷凍食品といえども、年月が経てば食べにくくなるわけですし、それを渡すだけでは不十分なのでしょう。

私が伝える仏教料理も、少しは皆さんに興味を持って頂いているでしょうか……?

この記事をお届けした
荒村寺の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!