膝の痛み:頭で知ると、身体で知ると

身体は頑張って無理すると怪我をして、逆に休みすぎると動かしたくなる。

本当、身体はバランスよくできている。

ここ最近感じていた右膝の痛み。痛くて正座ができないのが非常にやっかいでしたが、少しずつよくなってきました。

どうやら筋肉の炎症らしく、長ければ3か月はかかるとも言われました。本当に日にち薬ですね。

ただ最近はそのせいで身体を動かす機会がなくなり、夜の寝つきもあまり良くなく、睡眠も少し浅くなってきたように感じます。なので少し気だるい感じます。

そうなると、とにかく体を動かしたくなります。身体が運動を欲っするのも治ってきた証拠なのかもしれません。

日頃から無理はしないようにと気を付けていたつもりですが、やはり頭で知っているのと、実際に身体で覚えるのは、全然違うなぁと改めて思いました。

お医者さんには、身体の成長をグラフにすると、25歳までが上昇線、25を過ぎると下降線に入ると言われました。

つまり、若いうちは多少無理をしても、身体がその環境に合わそうと調整する。身体が成長し、追い付いてきてくれる。

しかし、下降線に入ると、無理しても身体がついて来れない。だからその分休む必要がある。

そういわれました。

まぁ今回の膝の痛みのおかげで、身体との付き合い方に関して、新たな発想も生まれました。

次からは以前より少しだけですが、身体の声に気づくよう、心掛けができるかもしれません。


ひょっとしたらこの話と通ずる所があるかもしれません。 仏教エピソード第2話「頑張り屋のアヌルッダさん」

本当に頭で知っているのと、知恵を身につけるのとは違うことですね。

最後までお読み頂きありがとうございました。
伊丹禅教室の茶話会等と同じく、ご意見ご質問等あれば、お気軽にコメントをお寄せ下さい。コメント欄ご使用に際し、使用方法、運用方針を含め、こちらをご確認ください。コメント欄は本記事の最下部にあります。皆様のコメントを是非活用させてください。よろしくお願いします。

更新情報の配信はこちらから

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。