臨時坐禅会&法話

本日は臨時の坐禅会&法話でした。

今日の法話は「般若心経」がテーマでしたが、いかがでしたでしょうか?

般若心経は日本ではかなり有名で、知名度NO,1のお経です。

お経って何なのか? そもそもお経がどのようにできたか?

「お経」そのものの知識に加え、「中道」「縁起」の仏教の基本の教え。

そういうことを知らない人でも、般若心経は知っているという人は多いかと思います。

それほど知名度があるので、まず仏教を学ぶ入門として「般若心経」を知りたがる人は多いと思います。

しかし、私はお勧めしません。むしろ、やめておいた方がいいという考えです。

なぜなら、仏教の基本を押さえていないと、簡単に誤解してしまうお経だからです。

むしろ、般若心経は読んだ人の考えを映し出す興味深いお経だから、とも言えるでしょう。

般若心経は、仏教の勉強をすればするほど、たくさんの視点があると私は思いました。

何にせよ、基本は大事です。

そこで10月~12月にかけて再度、仏教の基本「中道」「縁起」「四諦」など話をさせて頂こうと思います。

以前法話の時間でさせて頂きましたが、聞いたことが無い人も増えてきたようなので、これを機会に是非聞いて下さい。

ということで、法話の時間を少し変更致しました。法話の数も増えてきたので、10月~12月は数を増やして、以前した法話を再度する期間にしました。

詳しくは、荒村寺ウェブサイト、法話のページをご覧ください。

そうそう、後「戒律」についての質問も受けました。それも法話のテーマとして扱た方がいいかなと思案中です。

無我の話も、自己の話と絡めてしましたし、「三科」についてのお話も絡めてできますかねぇ。

新テーマは来年となりますが、よろしくお願いします。

この記事をお届けした
荒村寺の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!