ようやくお袈裟を縫い終えました。

先日、ようやくお袈裟を縫い終えました。

お袈裟

ここまで縫うのに2年半ほどかかりました。

といっても、毎日ぬっていたわけではなく、月に一度の「お袈裟の会」だけでしか縫っていません。

13時~16時くらいまで行っているので、約3時間。年11回ですから、約84時間ほどですか。

毎日3時間ほどやっていたら、一ヶ月もかからずに終わるはずですが、残念ながら、今の私にはそこまでの意欲はありません。

ただ、月に一度は縫うと決めて、ようやく出来上がりました。

お袈裟は別名「福田衣」とも呼ばれ、私の苗字とも一致しています。(詳しくはこちら

だからでしょうか。お袈裟に対して興味もありましたし、並々ならぬとまではいえませんが、思い入れもあります。

しかし、自分で作ったことはありませんでした。

海外に行って、向こうには仏具店などありませんから、海外の皆さんはお袈裟を自分で縫われていました。私はその姿をみて、非常に刺激を受けました。

帰国後「自分でもお袈裟を縫ってみたいな」と思っていた時に、お誘いをうけ、お袈裟の会にめぐり逢いました。

そして、ようやく、自分の手でお袈裟を縫い終えました。

自分だけはできなかったことだと思います。やはり、自分だけでなく、他の人と共にお袈裟を縫う空間があったからこそ、自分も持続して縫うことができたのだと思います。

本当にご縁に感謝いたします。

今後は、このお袈裟とセットとなる坐具を縫うつもりです。

よろしくお願いします。

この記事をお届けした
荒村寺の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!