修行は特別な事ではない。

行いを修めると書いて、修行。

修業ではない。業ではない。

しかし、一般的に「しゅぎょう」と思われているのは、修業の方だ。

修業して、卒業して、特別な資格を得たように思われている。

何か特別な事を成し遂げて、特別なものを得たスーパーマンとでも思われている。

私にはそんな修業はできないし、してもいない。ましてや終わってもいない。

卒業はあっても、卒行はない。

修行なのである。

修行。それを私なりの言葉で言い換えると、運転である。自己の運転である。

自己の運転は、決して特別なことではない。すでに誰もが行い修めていること。

生まれたばかりの赤子でも、すでに自己という乗り物を運転している。

自己を運転し、道を歩んでいる。仏道修行も同じである。

ただし、何も考えずテキトーに運転すればいいかと言えば、そういうわけでもないようだ。

では、言われた通り真面目に運転すればいいかと言えば、そういうわけでもないようだ。

本気(マジ)にならなければいつまでたっても運転できない。

程よく適当に力を抜かないと運転に疲れる。

修行にはそういった気づきがある。それは何も特別な事ではない、当たり前の事。

当たり前の事なのに、特別な事でもないのに、大事であるのだ。

Joshua_WillsonによるPixabayからの画像より

最後までお読み頂きありがとうございました。
伊丹禅教室の茶話会等と同じく、ご意見ご質問等あれば、お気軽にコメントをお寄せ下さい。コメント欄ご使用に際し、使用方法、運用方針を含め、こちらをご確認ください。コメント欄は本記事の最下部にあります。皆様のコメントを是非活用させてください。よろしくお願いします。

更新情報の配信はこちらから

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。