深めると広める:砂遊びから

公園の砂場。子供と一緒に土をいじくって遊ぶ。山を作ったり、土を固めたり、穴を掘ったり。

砂遊び

ある日、深い穴を掘ろうとした。子供のおもちゃのスコップで、できるだけ深く深く掘っていく。

一点に集中して土を掻き出しながら掘っていく。しかし、ある程度掘り下げると、それ以上深く掘れない。掻き出しても掻き出しても、周りから砂が落ちてくる。

今度は穴の周りを削って砂を掻き出す。穴はどんどん広くなるが穴は深くならない。むしろ、深くなった穴が少しずつ砂に埋もれていく。

狭く深めることはできないし、浅く広めるだけでは埋もれていく。

深めるには、広めなければならない。広めることで、深めることができる。広めるには、深めることを忘れてはならない。深めることを忘れないことで、しっかりと広めることができる。

「物事を深めるということにも共通するのでは……」と子供と遊びながら思ういつの日かの出来事。

最後までお読み頂きありがとうございました。
伊丹禅教室の茶話会等と同じく、ご意見ご質問等あれば、是非コメントをお寄せ下さい。興味深いご質問、ご意見は、それを元に記事にさせて頂きます。コメント欄は、下の「comment」ボタンより移動できます。コメント欄の使用方法、運用方針はこちらをご覧ください。よろしくお願いします。

 

更新情報の配信はこちらから

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。