時間の過ごし方

お釈迦さんにはたくさんの弟子がいます。

そしてその弟子たちの言葉も仏典には残っています。

今回の言葉は、サンブータさんの言葉です。

ゆっくりしていてよいときに急ぎ、急がねばならぬときにゆっくりする愚人は正しい道理によって処置することができないので苦しみを受ける。

ゆっくりしてよいときにゆっくりし、急がねばならぬときに急ぐ賢者は、正しい道理によって処置することによって、幸せを獲得する。

~中村元『仏弟子の生涯<普及版>上』より~

急ぐ時には急ぐ。ゆっくりする時はゆっくりする。

現代からすれば、昔の時代はゆっくりしていたんだろうなぁと思っていた。しかし、昔もやはり忙しくする人はいたのだろう。

人間、今も昔も、変わらない。

いつも急いで、フル回転。忙しいは、心亡し。

いつもゆっくり、まぁいっか。惰性ばかりは、本気無し。

緩やかな時は緩やかに、忙しくせず。

急ぐ時は急ぎ、惰性せず。

Monoar Rahman RonyによるPixabayからの画像

最後までお読み頂きありがとうございました。
伊丹禅教室の茶話会等と同じく、ご意見ご質問等あれば、お気軽にコメントをお寄せ下さい。コメント欄ご使用に際し、使用方法、運用方針を含め、こちらをご確認ください。コメント欄は本記事の最下部にあります。皆様のコメントを是非活用させてください。よろしくお願いします。

更新情報の配信はこちらから

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。