水と仏法

掴もうとしても、掴むことはできない。

しかし、手を拡げたら、そこに納まる。

また、把握するにぎりこむと、こぼれ落ちていく。

掴み所がないかと思いきや、すくうことができる。

捉え所があるかと思いきや、流れていく。

姿形すがたからちがないわけではない。姿形があるわけではない。

しかく、まるく。器に応じて、姿形が変わっていく。

凝固もする。

その姿形のまま、長い時間、同じ形を留めておくこともできる。

しかし、凝り固まると、器に納まらなくなってしまう。

気化もする。

姿形どころか、文字通り蒸発して、見ることすらかなわない。

見えなくなったら、何が何だか、わからなくなってしまう。

しかし、そんなありようもまた水である。

そして、その水のありようは、まるで仏法みたいだ。

法という字は、サンズイ(三水)に去ると書く。それは水の流れをイメージさせる。

そんな水のあり方を表す文字が法だということも、きっと偶然ではないのだろう。

Sasin TipchaiによるPixabayからの画像

最後までお読み頂きありがとうございました。
伊丹禅教室の茶話会等と同じく、ご意見ご質問等あれば、是非コメントをお寄せ下さい。興味深いご質問、ご意見は、それを元に記事にさせて頂きます。コメント欄は、下の「comment」ボタンより移動できます。コメント欄の使用方法、運用方針はこちらをご覧ください。よろしくお願いします。

 

更新情報の配信はこちらから

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。