ヤンマー特機総務部テクニカルスクール室新人研修参禅

本日はヤンマーさんより新人研修の一環で、参禅にお越し下さいました。

1日参禅ということで、午前中に坐禅と法話を行い、午後は写経を行いました。

15時すぎに終了した後は、茶話会にて、質問をしてもらいました。

正直、もっとガンガン質問して頂ければ良かったのですが、そこは中々しにくいものですかね。

そうは言っている私も、過去に板橋禅師さんにとお話した際に、色々話して下さるのだろうと受け身になって待っていたことがあります。

そんな話も今回の参禅でさせて頂きました。

その時、板橋禅師さんから「私からは話さないよ、色々そっちから聞いてくれ。質問して、私から引き出してくれ」と言われたことが今でも記憶に残っています。

質問っていうのは、相手にただ答えを求めているだけじゃなく、質問した本人の考えも映し出すと私は考えています。

何に興味を持ち、関心を持ち、どういう考えを持っていて、どういう人間なのか。

質問の中からそれを読み取って、答える。

板橋禅師さんの姿から、私はそんなことを感じました。

それは面と向かってするからこそできるコミュニケーションなんだと私は思います。

メールや文字や言葉だけでは、伝わらないことがたくさんあります。

本人と面と向かって話さなければ、伝わらないことがたくさんあります。

だからこそ、実際に面と向かっての問答(質疑応答)に私はすごく意味を感じます。

もちろん、面と向かっての質疑応答に意味を感じるからといって、メールやコメントで質問してはダメってことではありません。質問のしやすさのハードルが下がるという気持ちも私には十分理解できるからです。上手く活用して頂きたいと思います。

話が少し自分の事に逸れてしまいました。

最後になりましたが、本日参禅にお越し頂き、ありがとうございました。

最後までお読み頂きありがとうございました。
伊丹禅教室の茶話会等と同じく、ご意見ご質問等あれば、お気軽にコメントをお寄せ下さい。コメント欄ご使用に際し、使用方法、運用方針を含め、こちらをご確認ください。コメント欄は本記事の最下部にあります。皆様のコメントを是非活用させてください。よろしくお願いします。

更新情報の配信はこちらから

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。