夜坐にて|自分

今日はふと坐禅は嫌いだと思っていた自分を思い出した。

あの頃と変わらない自分がいて、でも変わっている自分がいる。

そう感じる自分がいて、でもどの自分も紛れもない自分自身。

自分を見ようと自分に囚われると自分が見えなくなって、自分を忘れるとそういういろんな自分が見えてくる。

そうすると、「これが唯一絶対、揺るぎのないの自分だ」なんて言えるものなんてないことに気づかされる。

夜坐禅


ひょっとしたらこの話と通ずる所があるかもしれません。 仏教エピソード第8話「答えない答え」

最後までお読み頂きありがとうございました。
伊丹禅教室の茶話会等と同じく、ご意見ご質問等あれば、お気軽にコメントをお寄せ下さい。コメント欄ご使用に際し、使用方法、運用方針を含め、こちらをご確認ください。コメント欄は本記事の最下部にあります。皆様のコメントを是非活用させてください。よろしくお願いします。

更新情報の配信はこちらから

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。