写経と自分

更新日 2017-08-09

asset_f_logo_lg.pngg+32.pngrss_002_e-trans.png

随想録

写経と自分

ある日、写経をしました。

写経は、字の上手い・下手は関係ありません。
早く仕上げればいいというわけでもありません。
一文字ずつ、一筆ずつ、心を込めて書いていきます。

写経をしていると、
様々な思いが浮かんでくる「自分」に気づきます。

一文字一文字丁寧に書こうとする自分。
早く完成させようと、筆を急がせる自分。
急ぐと筆が乱れ、上手く調えようとする自分。
上手下手は関係ないと言い聞かせる自分。
文字に集中していき、背筋が曲がってくる自分。
姿勢の乱れに気づき、「あ、あかんわ」と思って一息つく自分。
いっぱいいっぱい出てくる自分。

一体、どの自分が本物の「自分」なんでしょうか?

私に解るのは、どれも間違いなく「自分」だということ。

23867_472480616135913_515631096_n.jpg

2012年11月釈尊堂FB掲載サイン鳥.gif

ひょっとしたらこの話と通ずるところがあるかもしれません。
仏教エピソード 第9話「灯火」

最後までお読み頂き、ありがとうございました。