夜坐にて

更新日 2017-08-09

asset_f_logo_lg.pngg+32.pngrss_002_e-trans.png

随想録

夜坐にて

今日はふと坐禅は嫌いだと思っていた自分を思い出した。


あの頃と変わらない自分がいて、

でも変わっている自分がいる。

そう感じる自分がいて、

でもどの自分も紛れもない自分自身。


自分を見ようと自分に囚われると自分が見えなくなって、
自分を忘れるとそういういろんな自分が見えてくる。

そうすると、
「これが唯一絶対、揺るぎのないの自分だ」
なんて言えるものなんてないことに気づかされる。

P1050893r.jpg

2014年11月荒村寺FB掲載サイン鳥.gif

ひょっとしたらこの話と通ずる所があるかもしれません。
仏教エピソード 第8話「答えない答え」

最後までお読み頂き、ありがとうございました。