はじめての自転車:できるできないに関わらず、楽しいはある

子供が自転車の練習をしている。

まだ誰かが後ろで支えていないと乗ることができない。

左に傾き、右に傾き、何度も何度も自転車はバランスを失う。

時にはこけてしまうこともある。

それでも、何度も何度も繰り返し繰り返し、自転車をこいでいた。

時に「楽しい!」と言いながら。

失敗するのは何も悪いことじゃない。

上手く乗ることだけが良いわけじゃない。

確かに、上手くできたら嬉しそう、こけたら痛そうだ。

でも、上手いからって好きになれるわけではない。下手だから嫌いになるわけではない。

下手でも好きになれるし、上手でも嫌いになることもある。

できるできないに関わらず、自転車の楽しみは感じられる。好きと感じられる。

それは、できるできないの世界ではないのだろう。

乗れようとも、こけようとも、自転車が楽しい。

そんな楽しさを知ってもらえたら、教えているこちらとしても嬉しい。

PublicDomainPicturesによるPixabayからの画像


自転車も坐禅も修行も生きることも。

もちろん、辛いこともあるけれど、それでも、自転車に乗るのが楽しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました