25)犀の角のように

角と身体が一つの如く。自己と他者が一つの如く。

本記事は、荒村寺ホームページに掲載しております。

第25話「犀の角のように」
自分はただ独りだけ。他に変わるものなどない。それでいて、自分は決して独りでいるわけではない。犀の角のように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました