完璧主義(?)、頑張りすぎちゃうあなたを観ていると……

Alexas_FotosによるPixabayからの画像

その日は習い事があった。

出かける前に、カバンの中を確認した。準備物はバッチリ。

時間も5分ほど余裕がある。うん、大丈夫だ。

さぁ、出発!

でも、道中、ふと気づく。

「あっ、ズボン履き替えるの忘れてた……」

途端に心いっぱいに拡がる不安で顔を曇らせる。

「あああああああ! なんで? どうして? どうしよう……?」

焦る気持ち。どうしよう。でも、どうしようもない。

目に涙を浮かべながら、来た道を走って戻る。

上手くできなかった自分を責めている。

荒々しくドアを開け、まどろっこしい靴を脱ぎ棄て、急いでズボンを取りに行く。

責めるうちに、嫌になって、何もかもが嫌になって。これから来るであろう習い事の時間すらも、嫌になって……。

結局、習い事に行っても、何もしなかった。

いやきっと、手に付かなかったというほうが正しいのかもしれない。


私達は理想を描く。

例えば、忘れ物をしない。遅刻しない。

それはとても理想的だ。

私達が描く理想はそうあってほしいと思う最高の状態。まさに理想的とは、完璧なものだ。

しかし、どんなに完璧にしようとも、失敗する時は失敗する。

完璧なんてない。絶対なんてない。この理解は、とても大事だ。

何でもかんでも完璧を求めると失敗が怖くなってしまう。

失敗した自分を必要以上に責めてしまう。

失敗したっていい。むしろ、失敗することの方が多い。

でも、大丈夫。その失敗が色んなことを教えてくれる。

失敗は成功の元。成功の裏には、数多くの失敗があるもの。

だから、失敗したって大丈夫。完璧なんてないのだから……。

 

しかし、この言い方は、誤解を与えてしまうことがある。

例えば、忘れ物をしない。遅刻しない。そんなことは気にしなくていい。だから、そんな理想は持たなくていいんだと……。

私達が描く理想はそうあってほしいと思う最高の状態。まさに理想的とは、完璧なものだ。

完璧なんてないことを知ると、私達は、その理想を捨ててしまう。

理想を目指して努力することさえ、何だか無駄な気がしてしまう。

完璧などないのだから、理想には絶対に届くはずがないと……。現実に打ちのめされる。

全てが無駄だったように思えて、何もかもが嫌になってしまうことがあるかもしれない。

しかし、そんなことはない。

理想を目指して努力すること。より良くしようと頑張る事。それは決して間違いではない。

その努力は、とても大事だ。

その努力がなければ、失敗から学ぶことはできない。失敗に気づいたのは、努力していた自分がいたからこそなのだから。

失敗を失敗だと気づいた自分まで、責めることなんてない。だから、嫌にならなくてもいい。

失敗は成功の元。途中放棄ギブアップしなくて大丈夫。理想ゆめまで捨てなくても大丈夫。失敗は理想せいこうにつながっているのだから。


理想を抱く事は、そうあってほしいと思う完璧な状態に向かおうとする事。完璧を目指す努力を生む。

完璧がないという理解は、いくら努力しても、決して理想通りにはいかない事を意味する。

頭の中でよく考えると、この両者は矛盾する。

完璧がないという理解と完璧を目指す努力は矛盾する。

矛盾する、、だけど、どこかで知っている。何となく感じている。

完璧がないという理解と完璧を目指す努力。その両方が、大事だってことを。

If it’s not paradoxical, it’s not true.

(もし、矛盾しないのなら、それは真実ではない)

~David Chadwick「Zen is right here」

鈴木俊隆老師の言葉より~

コメント

タイトルとURLをコピーしました