灰ならし

香炉の灰ならし

どんなけ真っ平らにしようとも、自分の納得いく形にはなりません。

「後もう少し」と手を加えたら、逆にひどくなることもあります。

とはいえボコボコだと、灰ならしの意味がありません。

やりすぎず、あきらめすぎず、ほどほどを見つけていく。

灰ならしも奥が深いと思う瞬間です 


ひょっとしたらこの話と通ずるところがあるかもしれません。

第5話「食いしん坊な王様」
仏教の修行は特別なものではありません。むしろ私達の身近な出来事としっかりと結びついています。例えば、食事もそのうちの一つです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました