大事にするって何だろう……

大事にするって何だろう……?

大事にしているもの、大切だと思えるもの……。

もし、それを失ったら、きっと悲しくて苦しいだろう。

失いたくない。だから守りたい。できるだけ危険から遠ざけたい。

大切に思うからこそ、あらゆる危険から守りたい。手放したくない。

できることなら、肌身離さず、ずっと自分の側にいてほしい。

親鳥が卵を抱くように。

Karsten BergmannによるPixabayからの画像

でも、もし、自分自身がそうされたら、きっと私は束縛を感じるだろう。

身動き一つとれないその状況に、きっと反発するだろう。

縛りつけられる感覚に、きっとこの身は耐えられない。

「それじゃあだめだ……」となんとか自力で歩みだそうとしたその時に、もし、腕を掴まれ、引かれたとしたら、きっと、私はその腕を振り払うだろう。そしてそれは、とても苦しい事だと思う。

だからきっとこれは、大事にするという事ではないのだろう。

大事にしているもの、大切だと思えるもの……。

もし、それを束縛してしまったら、きっと後悔に苦しむだろう。

縛りたくない。だから解きたい。できるだけ自由にさせたい。

大切に思うからこそ、あらゆる束縛から解き放ちたい。閉じ込めたくない。

できることなら、何ものにも縛られず、望むがままに、自由でいてほしい。

雛鳥が巣立ち大空を羽ばたくように。

Dr. Georg WietschorkeによるPixabayからの画像

でも、もし、自分自身がそうなったら、きっと私は思いのままに羽目を外すことになるだろう。

知らない間に、きっと壊してしまうこと、壊れてしまうものがあるだろう。

何ものにも縛られない解放感に浸り続ければ、きっとこの身は滅ぶ。

「それじゃあだめだ……」となんとか止めようとしたその時に、もし、誰も止めてくれなかったら、関わってくれなかったら、きっと、独りではどうしようもできないだろう。そしてそれは、とても苦しい事だろう。

だからきっとこれは、大事にするという事ではないのだろう。

しかし、それでも、親鳥が卵を抱くことが、大事にしていないとは思えない。

そして、それでも、雛鳥を巣立たせることが、大事にしていないとは思えない。

抱くことも、手放すことも、腕をつかんでも止めてくれることも、あえて何も言わないでいてくれることも、大事にしていないとは思えない。

やはりそれは、大事にしているのだろう。

何も変わらない。なにも違わない。大事に思う気持ちは同じ、やっていることは同じ。

だけど、大事にするということは、やっぱり何か違うのだ。

大事にするって何だろう。この違いは何だろう。

きっと考えても何も変わらない。することは変わらない。できることは変わらない。

それでも何かを感じ、こうして考えている。

きっと考えても何も変わらない。することは変わらない。できることは変わらない。

でも何かが、確かに変わっている。何も変わらないのに、何かが変わっている。

最後までお読み頂きありがとうございました。
伊丹禅教室の茶話会等と同じく、ご意見ご質問等あれば、是非コメントをお寄せ下さい。興味深いご質問、ご意見は、それを元に記事にさせて頂きます。コメント欄は、下の「comment」ボタンより移動できます。コメント欄の使用方法、運用方針はこちらをご覧ください。よろしくお願いします。

 

更新情報の配信はこちらから

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。