記憶:R型とRW型

CD

CD-R、DVD-R、BD-R

これらは、新しい情報を加えようにも、一度情報を記憶すると上書きすることができない。

頑固というか、意地っ張りというか。古い記憶の一辺倒。

一方

CD-RW、DVD-RW、BD-RE

こちらは、新しい情報を加えると、過去の情報はすっかり忘れてしまう。

従順すぎるというか、流されやすいというか。新しい記憶の一辺倒。

 人間の記憶は、状況に応じてこれらをうまく使えるからこそ、「柔軟」となりうるのかもしれない。そして柔軟な心であればこそ、頑固の部分も信念だったり、従順な部分も素直だったりと言えるのだと思う。


ひょっとすればこの話と通じる所があるかもしれません。

第25話「犀の角のように」
自分はただ独りだけ。他に変わるものなどない。それでいて、自分は決して独りでいるわけではない。犀の角のように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました