7月の伊丹禅教室について(7月2日更新)

(2020年7月2日更新)

7月の伊丹禅教室につきましても、前月6月同様、新型コロナウイルス感染防止の対策を講じた上での開催となります。

その為、人数制限等、内容や参加要項を一部変更しております。詳しくは、各会のページをご覧ください。

坐禅(座禅)は月に一度、土曜日に開催しています。臨時開催することもあります。告示はホームページや寺院掲示板にて。
写経会では、さまざまなお経、また写仏もご用意しております。定例会として月に一度、日曜日に開催しています。臨時開催することもあります。告示はホームページや寺院掲示板にて。
夜坐とは夜の坐禅の事です。定例会として、月に一度、水曜日に開催しています。

お知らせ

初めての方もご参加できるようになりました。(人数制限あり)

7月より、坐禅指導、写経指導を再開し、初めての方も参加できるようになりました。

ただし、人数に限りがございます。定員に達し次第、締め切りとさせていただきますので、ご了承ください。

予約優先。参加受付ページを用意しましたので、そちらから、予約してください。



(2020年5月25日更新)

6月の伊丹禅教室は、新型コロナウイルス感染防止の対策を講じた上での開催となります。

その為、人数制限等、内容や参加要項を一部変更しております。詳しくは、各会のページをご覧ください。

坐禅(座禅)は月に一度、土曜日に開催しています。臨時開催することもあります。告示はホームページや寺院掲示板にて。
写経会では、さまざまなお経、また写仏もご用意しております。定例会として月に一度、日曜日に開催しています。臨時開催することもあります。告示はホームページや寺院掲示板にて。
夜坐とは夜の坐禅の事です。定例会として、月に一度、水曜日に開催しています。

変更点とその理由

当面の間、伊丹禅教室は、一部内容を変更しての開催となります。

兵庫県から出されている「感染拡大予防ガイドライン」を基に、対策を講じておりますが、このような事態に対する前例もなく、正直な所、手探りの状態です。

皆様のご理解、ご協力無しには、先に進むことができません。

どうぞ、よろしくお願い致します。(以下、変更点と理由をまとめています)

人数制限(予約フォーム)

  • 定員(坐禅会20名、写経会17名)になり次第、参加を締め切ります。
  • 予約優先。参加受付ページを用意しましたので、そちらから、予約してください。

「対人距離(できるだけ2mを目安に(最小1m))を確保」及び、堂内の広さの関係上、参加人数を制限させて頂きます。

また、「万が一の場合に備えた参加者の情報把握」の為、連絡先を頂戴いたします。また、万が一、ご自身に新型コロナウイルスの感染が判明した際は、荒村寺まで、ご一報ください。

荒村寺のウェブサイト上にて、参加受付フォームを開設し、予約を兼ねて、連絡先などを記入することができます。

管理業務の混乱を避ける為、電話での予約は受け付けておりません。ウェブサイトのフォームからのみ予約可能です。

予約の方を優先するため、予約無しに当日お越しになられた場合、人数制限の為、参加できない恐れがあります。予めご了承ください。

坐禅指導や写経指導・茶話会は行いません。

休憩スペース、対面での飲食・会話等による感染のリスクが、比較的高いと考えられています。

その為、坐禅や写経の指導、説明及び茶話会は、当面の間行いません。

坐禅指導等を行なわない為、本当に申し訳ありませんが、初めての方は参加できないのが現状です。坐禅指導や写経指導については、今後の対策を検討中ですので、しばらくお待ちください。

茶話会については、当面行わず、また、同じく、法話に関しても、次回は10月を予定していますが、今後の状況により中止を含め、臨機応変に対応致します。

参加費300円 → 500円

清掃・消毒、ゴミの廃棄などに、アルコール等、ある程度の備品が必要となります。

その為、参加費を値上げ致しました。

また、トイレでの感染リスクも比較的高いと考えられています。感染拡大予防ガイドラインに沿って、できる限りの準備を致しますが、トイレでの感染リスクが高いことを参加者の皆様にも留意して頂ければと存じます。

体調が芳しくない方は参加できません。

発熱や咳、のどの痛みなど、たとえ軽度であっても体調が芳しくない場合、参加はお止めください。

常日頃から、無理はしないようにと指導させて頂いておりますが、自分の為にも、また他の方の為にも、体調不良を感じる場合は、参加はお控えください。

マスクを持参し、常に着用してください。

マスク着用が対策として挙げられています。

マスクはこちらでは用意できませんので、必ず、ご自身で持参してください。

お手洗い

今まで備え付けていたお手拭き用のタオルを無くし、紙タオルを備え付けました。

また、可能であれば、ハンカチ等、ご自分のお手拭きをご使用いただけると助かります。

その他

換気の為、必ず、窓などを開けさせて頂きます。

これから暑くなってきますので、そこまで心配はしておりませんが、梅雨の一時期に冷えることがあるかもしれません。

万が一、寒いと感じる場合は、上着を着るなどして、各々調節してください。

以上が参加者皆様に関わる変更点及びその理由です。

皆様のご理解、ご協力、何卒、よろしくお願い致します。



(2020年5月23日更新)

今月21日、兵庫県が、緊急事態宣言対象区域(特定警戒都道府県)から解除されました。

伊丹市においても、市の公共施設の一部が、それぞれ感染防止対策を講じた上で、再開されはじめています。

そんな中、伊丹禅教室も6月の再開に向けて、動き出しております。しかしながら、このような事態に対する前例もなく、正直な所、手探りの状態です。

兵庫県から出されている「感染拡大予防ガイドライン」を基に、現在、どのような形で坐禅会等を開けるか、検討していますが、再開には、新型コロナウイルス感染防止対策が必要不可欠とされています。

小規模イベントの開催例をみると、大阪府と合わせて、兵庫県や伊丹市でも、「屋内:100人以下、かつ定員の半分以下の参加人数とすること」とあります。

「対人距離(できるだけ2mを目安に(最小1m))を確保すること」ともありますから、人数は制限する必要があります。(予約フォームなどを作る予定です)

おそらく、敷地の広さからみて、20名くらいが限度だと考えています。

また、三密を避けることを含め、体調不良などの方に対しての制限や、万が一の際の連絡先の確保、マスク着用のお願いなど、さまざまな対策が必要とされています。

とりあえず、6月6日(土)の坐禅会は、人との会話の機会を極力減らすため、「坐禅指導と茶話会は無し」になるだろうと思います。

つまり、初めて来ようと思っていた方には申し訳ないのですが、「一度でも荒村寺の坐禅会に参加したことがある人のみ」の参禅となります。

いずれにせよ、参禅者の方々のご理解とご協力無しには、先に進めない状況です。

開催について、具体的なことは、もうしばらく、お待ちください。5月の内に、ホームページ等でお知らせいたします。

是非とも、ご理解、ご協力のほど、よろしくお願い致します。

最後までお読み頂きありがとうございました。
伊丹禅教室の茶話会等と同じく、ご意見ご質問等あれば、是非コメントをお寄せ下さい。興味深いご質問、ご意見は、それを元に記事にさせて頂きます。コメント欄は、下の「comment」ボタンより移動できます。コメント欄の使用方法、運用方針はこちらをご覧ください。よろしくお願いします。

 

更新情報の配信はこちらから

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。