ちこうさんの料理レシピ|Pain de rustique(パン・ド・リュスティック)

Pain de rustique(パン・ド・リュスティック)

パン

具材はなんでもOK。今回はチョコを使いました。

またコーン等を入れると朝食にも良いです。オレンジピールもおすすめ。

これからの時季はサツマイモなどもおいしいです。

タンパク質が分解するもの(ex,パイン、レモン等)は、イースト菌が死んでしまうので、使えません。また、缶詰のフルーツなど水分が多すぎるのもダメです。

材料

フランス粉(準強力粉) 300g
6g
インスタントドライイースト 2.4g
270g
具材
チョコチップ等 適量

①混ぜる際の注意点

粉にイースト菌と塩を入れるときは、お互いを離れたところに入れてください。バラバラにした状態から混ぜ始めます。

イースト菌を弱らせないための工夫です。

②混ぜる

フランス粉と塩、イースト菌を合わせ、水(30℃)を入れ、こねあげます。60℃以上の水だとイースト菌が死んでしまうので注意。

水分量が多いので、ヘラでもよい。

③具材投入

今回はチョコは具材にチョコを入れます。

④一次発酵(1時間)

ラップして、発酵。(1時間)

発酵は、室温が26℃以下の時は日の当たるところ等、暖かい場所で発酵させます。また冬の寒い季節には、コタツの中に入れて発酵させることも可能です。

⑤まとめる

一次発酵すると、写真の右側のようになります。


うちこして、半分に折りたたむように重ねます。これを数回繰り返します。柔らかいので、簡単に広がります。

そうすると左のようにまとまります。

⑥二次発酵(30分)

⑦手順⑤に同じ

⑧ラップ(10分)

もう一度ラップして、10分休ませます。

⑨分割

分割します。手より包丁のほうが分けやすいです。大きさは揃えます。

断面が横または下になるように置くと仕上がりがきれいに見えます。

⑩オーブン

240℃に予熱したオーブンで、10分焼きます。

最後までお読み頂きありがとうございました。
伊丹禅教室の茶話会等と同じく、ご意見ご質問等あれば、是非コメントをお寄せ下さい。興味深いご質問、ご意見は、それを元に記事にさせて頂きます。コメント欄は、下の「comment」ボタンより移動できます。コメント欄の使用方法、運用方針はこちらをご覧ください。よろしくお願いします。

 

更新情報の配信はこちらから

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。