自己は、斯くも不思議である。

その時感じた自分のありのままを、全身全力で言葉を綴る。

綴られた言葉は、時が流れ過ぎても、綴られた時のまま、そこに残る。

あの日、綴った自分の言葉。確かに自分で綴った言葉。

でも、しばらく経つと、その言葉は、もう自分の言葉ではなくなっている。

時にその言葉に、恥ずかしくなることがある。時に落胆することがある。

でもこの間は、過去の言葉に励まされてしまった。

今の自分と過去の自分。決して同じではないと感じる。

ならば別人なのだろうか。いや、別人ということはないだろう。

自己は、斯くも不思議である。

最後までお読み頂きありがとうございました。
伊丹禅教室の茶話会等と同じく、ご意見ご質問等あれば、是非コメントをお寄せ下さい。興味深いご質問、ご意見は、それを元に記事にさせて頂きます。コメント欄は、下の「comment」ボタンより移動できます。コメント欄の使用方法、運用方針はこちらをご覧ください。よろしくお願いします。

 

更新情報の配信はこちらから

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。