仏教用語

質疑応答・調べ物

【経典上の樹木】キンスカ、シリサ、ニグローダ、菩提樹

経典上には登場する樹木。実在する木なのだろうか、どのような樹なのだろうか。気になって調べてみました。 キンスカの木 キンスカの木は、ハナモツヤクノキ(Butea monosperma)の木がモデル...
質疑応答・調べ物

【ジャータカとは? 】お釈迦さんの前世(?)物語

ジャータカとは、一言でいうと「お釈迦さんの前世ぜんせの物語」です。ただし、前世といってもその言葉の解釈には、注意が必要です。 仮に、別の言い方をするならば、「昔話」といっても差し支えないでしょう...
質疑応答・調べ物

仏教でよく使われる「法」の意味を考える

仏教において「法」という言葉には、実に様々な意味が込められています。ということで、今回は「法」という言葉についてまとめました。
質疑応答・調べ物

【梵字とは】意味や歴史を調べてみました。

私自身、この梵字に対してあまり知識はなかったので、改めて調べてみる事にしました。調べてみるとこれが非常に難しい……。ということで、今記事では、自分の勉学がてら、梵字についてまとめてみました。
質疑応答・調べ物

【禅の言葉】日日是好日

日日是好日にちにちこれこうにちは、唐代の禅僧、雲門文偃うんもんぶんえん和尚の有名な禅語です。 日日是好日の読み方について インターネット等で調べると「にちにちこれこうじつ」と読まれていることが多い...
質疑応答・調べ物

【対機説法とは】相手に合わせて説き方を変える

対機説法たいきせっぽうとは、お釈迦さんの説法の仕方、その特徴を表した言葉です。お釈迦さんは、その人の機(能力や素質など)に応じて、臨機応変に説法の仕方を変えていました。
ちしょうの本棚

【ちしょうの本棚】岩波 仏教辞典 第二版

「何か、おすすめの本ありませんか?」 ということで、今回は私の本棚からひっぱりだしてきたのは、こちらです。 岩波 仏教辞典 今回はおすすめの本というより、辞書ですかね。辞書も本なので...
法話の種

【諦とは】できないことを知るからこそ可能性を見出せる

できないと「あきらめる」ことは、できる可能性を「あきらめる」事に繋がるわけです。
質疑応答・調べ物

和尚?老子?先生? お坊さんどう呼べばいいの?

昨日の夜坐に続き、本日は臨時で坐禅会を致しました。 夜坐をご参加の方、お気づきだったでしょうか? 昨日から廊下の内部に簾をして、風が通りやすいようにしました。 今まで閉めきっていたの...
質疑応答・調べ物

知っているようで知らない「仏」の意味

目覚めた人。仏という言葉は、元々そういう意味で用いられていました。古代インドの言葉であるサンスクリット語では「Buddha(ブッダ)」と言い、漢字で音写され「仏陀」となり、それが「仏」と呼ばれるようになりました。
タイトルとURLをコピーしました