自然

法話の種

月明かり

荒村寺のある伊丹は、夜、煌々こうこうと明かりがついている。だから、生まれてこの方、月明りなんて気にしたことがなかった。 私が月の明るさを知ったのは、アメリカの禅センターでの事。 その禅セン...
質疑応答・調べ物

【微妙】仏教では「びみょう」ではなく<みみょう>と読みます。

皆さんは、微妙びみょう(以下、「微妙(びみょう)」)という言葉を聞いて、どのような印象を受けるでしょうか。私は、どちらかといえば、否定的な印象、マイナスの印象を受けます。 しかし、仏教では、微妙...
法話の種

聞こえているのに聴いていない音

温かくなってきてました。うちの番犬 "ちゃも" も、のんびり、ひなたぼっこしています。 ただ、動画を観てもらえばわかりますが、近くで工事がはじまり、結構な音がしていますね。 「よく...
法話の種

坐禅はまるで独楽の様に……

久しぶりに、独楽こま回しをしました。 小学生の時に随分遊んでいた独楽こま。実はその頃持っていた独楽こま達を見つけたので、久しぶりに回してみました。 ひもをまいて、サッとなげる。あのころと同...
法話の種

どんな水にも月は宿る:仏教を理解する

だから、まずは自分をしっかりと見つめて、月の明かりに気づいてほしい。水のあり方を観てほしい。
法話の種

野鳥の世界:路上(地面)にいる鳥のヒナを見つけた時

スズメのヒナにまつわる話
法話の種

一歩踏み出す:歩くことから感じたこと

これはなかなか勇気のいること。
法話の種

季節は語る。(夜坐|2018年4月18日)

この世界は冷たいだけではないことを、様々な事が教えてくれています。様々なことが、言葉ではない所で、語ってくれています。
法話の種

素人とプロの違いって何だろう?

自分の都合を押し付ける。そうして物を得ようと考える。それは素人のやる事。プロはその物から教えてもらうこと知っている。受け取ることを知っている。
記録

お預かりすることになったカワラナデシコ

縁あって荒村寺でお預かりしているカワラナデシコ。 冬には枯れて土だけになる植木鉢が、こうして時期がくると、芽吹いて花開く。 ちからをもいれず、こころをもついやさずして……
タイトルとURLをコピーしました