参禅<個人>

更新日 2017-08-09

asset_f_logo_lg.pngg+32.pngrss_002_e-trans.png

参禅

それは生き方を学ぶこと




お坊さんに仏教や禅について聞いてみたい。

坐禅してみたいけど、写経やってみたいけど、日程が合わない。

以前話していた法話を聞いてみたい。質問したい。



そう思っていたら、とりあえず来てください。



日程は先着優先です。

急用のため、どうしても日程を急遽変更せざるを得ない場合がございます。あらかじめご了承ください。その場合は、こちらからご連絡致します。
告知や準備等に時間が必要ですので、希望日の1週間以上前を目安に申し込んでください。
下記の「参禅を申し込む前に」の内容をご確認下さい。

参禅の前にこちらの話「学びの秘訣」を読んで頂ければ幸いです。

これまでの参禅履歴

参禅を申し込む前に

以下の内容を確認しながら、参禅申込フォームにご入力ください。


①名前】
複数での参禅希望をする場合、備考欄に残りの方の名前をお書き下さい。

【②参禅の内容】

  • 「A. 独参
    • 独参とは、単独で参る。つまりお坊さんと一対一で問いかけ答えることです。独参の場合は基本的に一人です。希望者は、独参の動機や主旨など簡単で構いませんので、備考欄にお書きください。
    • まずは坐禅会・写経会・法話に参加することをお勧め致します。定例の坐禅会等に参加できなくても、下記B・C・Dから臨時で行うこともできます。
  • 「B.坐禅
    • 月例の坐禅会と同じようにさせて頂きます。
    • 持ち物や服装など坐禅会のページを確認ください。
  • 「C.写経」
    • 月例の写経会と同じようにさせて頂きます。
    • 持ち物や服装など写経会のページを確認ください。
  • 「D.法話」
    • 以前の法話のテーマからお選び下さい。
    • 初めての方は第一回から順番に聞くことをお勧めします。
      • 第一回「お経」
      • 第二回「仏」
      • 第三回「中道」
      • 第四回「縁起」
      • 第五回「四諦」
      • 第六回「愚癡」
      • 第七回「布施」
      • 第八回「般若心経(経典シリーズ)」
      • 第九回「瞋恚」
      • 第十回「参同契(経典シリーズ)」

B.坐禅、C.写経、D,法話の場合は、参禅依頼者を発起人として、
臨時の禅教室としてホームページ上で他の参禅者を集います。
また定例会と同じく参加費は300円です。

【③連絡先】
入力の誤りにより、こちらからの連絡が届かない場合もあります。
入力内容の確認をお願い致します。

また、着信拒否や迷惑メール設定などの確認をしてください。

1週間経っても連絡が届かない場合、なんらかのトラブルが発生しているものと考えられます。その際はお手数ですが、お電話にて(072-782-3936)副住職智彰まで、ご連絡ください。

【④希望日】

  • 土日祝日は多忙のため、参禅の申込は基本的にお断りしております。
  • また、8月や彼岸、年末年始の特定の時期も多忙のため、
  • 参禅の申込は基本的にお断りしております。ご理解下さい。
  • 平日の午後が比較的空いております。
  • また、告知や準備等に時間が必要ですので、
  • 希望日の1週間前を目安に申し込んでください。

【⑤備考欄】
何かお伝えしたいことがありましたら、お書きください。

伊丹禅教室