仏教エピソード一覧(新着順)

仏教エピソード

仏教エピソード㉓「縁りて起こる」

仏教で用いられる「縁起」の本来の意味。当たり前の事なんだけど、当たり前なことほど気づかないものなのかもしれません。そしてその当たり前の中にこそ有り難い事、大切なことが隠されているのでしょう。そう思える根拠がこの話の中にあります。
仏教エピソード

仏教エピソード㉒「善き友」

善き友を持ち、良き仲間がいるということは、修行の半ばではなく、その全てである。善い知識とは、言葉や文字で表された単なる「事柄」ではなく、本当に善い知識とはきっと「人」そのものにあるのでしょう。
仏教エピソード

仏教エピソード㉑「許す」

心が黒いだけの人間もいなければ、白いだけの人間もいない。争いを起こすのは何も人間の黒さだけとは限りません。人間の白さもまた争いを生む原因となりうること教えてくれました。
附録

お釈迦さん ゆかりの地

経典に出てくる地名を地図にしました。
仏教エピソード

仏教エピソード⑳「自他を想う」

「結局自分のことが一番可愛い。そんなことで私達はいいのだろうか?」昔もそうやって真剣に考える人たちがいました。自分を想う事、そして他人を想う事。交わらない二つの線が、たった一つの視点を加えるだけで見事に一つとなります。
仏教エピソード

仏教エピソード⑲「愛と苦しみ」

出会いだけの人生はありません。いつか別れの時がきます。別れだけの人生はありません。別れたものには必ず出会いがあったからです。一方が照らされている時は、一方は暗くなります。しかしそれは見えないだけで、決して無いわけではありません。
仏教エピソード

仏教エピソード⑱「学びの秘訣」

信じるだけでは進歩は無く、疑うだけでは前進できません。信じるか、疑うか、そんなことはどっちでもいい。疑問と答えは表裏一体。信じることも疑うことも学ぶ上では欠かすことができません。学ぶ者の心掛け。これが意外と難しい。
仏教エピソード

仏教エピソード⑰「筏の如く」

「筏を担ぐ人?」「そんな奴いるわけがない!」いやいや、誰もがやってしまいがちなんです。筏から学ぶ仏法。たとえ大事な教えでも必要とあらば捨てなさい。仏教ならではのエピソードをご紹介します。
仏教エピソード

仏教エピソード⑯「愚か」

「愚か」とは何か? 私がこのエピソードで紹介している最初の言葉に感銘を受けたのは、海外での生活に馴染めず、困っていた時でした。「自分は正しい。間違っていない」自分もそう決めつけて、苦しい思いをしたのを今でも覚えています。
仏教エピソード

仏教エピソード⑮「怒りの炎」

炎と炎とが交われば、結局は大きくなってしまうだけ。怒りの炎が大きくなればなるほど、自分を見失ってしまいます。それを防ぐにはまず、「忍耐」しかないのでしょうね。
タイトルとURLをコピーしました