第33話「四の馬」

エピソード(雑阿含経巻第33‐922「鞭影経」、正法眼蔵「四馬」)

ある時、お釈迦さんが弟子達に、このような話をしました。

「今日は四種の馬についての話をしましょう。

まず一頭目。この馬は鞭(むち)の影を見ると、それに察し、驚きます。そして乗り手の動きをしっかり観察し、乗り手の意のままに動きます。

次に二頭目。この馬は鞭が毛に触れると、それに察し、驚きます。そして、乗り手の動きをしっかり観察し、乗り手の意のままに動きます。

次に三頭目。この馬は鞭が肉に触れると、それに察し、驚きます。そして、乗り手の動きをしっかり観察し、乗り手の意のままに動きます。

最後に四頭目。この馬は鞭が骨にまで響いて、そうして初めて気がつきます。そして、乗り手の動きをしっかり観察し、乗り手の意のままに動きます」

 お釈迦さんの話は続きました。

「一頭目の馬は、このような人の事を指しています。別の村の人の病気や困苦、または死を聞いて、それらに察し、驚く。それが嫌だという気持ちが生じてくる。その恐怖からその人は動き出します。

そして、しっかりと観察し、どうやったらその苦しみを解決できるのかを考えます。そうやって自ら調えるわけです。

二頭目の馬は、このような人の事を指します。同じ村の人の病気や困苦、または死を聞いて、それらに察し、驚く。それが嫌だという気持ちが生じてくる。その恐怖からその人は動き出します。

そして。しっかりと観察し、どうやったらその苦しみを解決できるのかを考えます。そうやって、自ら調えるわけです。

三頭目の馬は、このような人の事を指します。自分と親しい人の病気や困苦、または死を見て、それらに察し、驚く。それが嫌だという気持ちが生じてくる。その恐怖からその人は動き出します。

そして、しっかりと観察し、どうやったらその苦しみを解決できるのか、考えます。そうやって、自ら調えるわけです。

四頭目の馬は、このような人の事を指します。自分の身に病気や困苦、または死の際を接し、それらに察し、驚く。それが嫌だという気持ちが生じてくる。その恐怖からその人は動き出します。

そして。しっかりと観察し、どうやったらその苦しみを解決できるのか、考えます。そうやって、自ら調えるわけです」

メッセージ

「この四頭のうち、どの馬が一番良い馬なのか?」

このエピソードを読んで、そう考えなかったでしょうか?

私は初め、そのように考えていました。

鞭が打たれる前に気づく。それが一番優秀。毛に触れて気づく。それが次点。肉に触れて気づく。それが三位。骨に響いて、ようやく気づく。それが四位。

しかし、そのような理解は、どうやら私の勘違いだったようです。

私達は、わりと無意識の内に、物事を比べてしまいます。しかし、この話は比べることが重要ではありません。

なぜなら、この四頭の馬は、四頭の「良馬」として、原典には描かれています。

どれも良馬。良い馬なのです。

更に言えば、骨に響くということを理解する。それは肉、毛にも触れていることを理解するのと同じです。

なぜなら、肉や毛に触れなければ、骨には届かないからです。

同じ意味で、身体に当たる前に、鞭が振るわれている事も理解しているはずです。

鞭を見るだけでも、理解とする。それは、結局、身体に打たれれば、肉や毛がどうなるかを理解している。骨まで届く痛みを、鞭が振るわれていることから理解しているはずです。

鞭が触れようが触れまいが、毛に当たろうが、肉にあたろうが、骨に響こうが。本当に理解するということは、結局、全てに通じていないと理解できないわけです。

ですから、このエピソードは優劣を決めることが大事ではありません。

四つの馬ともが鞭の痛みに気づいた。その事実こそが、私は大事なことだと思うのです。

そして鞭の痛みを人に喩えると、それは「死」や「病」や「老」の苦しみです。

「その苦しみに気づくことが大事なのだ」と今ではそのように私は理解しています。

 その苦しみに気づく。そしてその苦しみ、恐怖からその人は動き出す。しっかりと観察し、どうやったらその苦しみを解決できるのか、考える。

これが実は仏道、仏の道への第一歩なのかもしれません。

思えば私自身も……。本当に「死」ってあるのだと心の底から思ったのは、高校生の時。祖母の死がきっかけでした。

当時、私は部活動の事で悩んでいて、祖母の家へよく話にいっていました。話す場所は、部屋のベッドの上。しかし、私は祖母の容態なんて全く気にしていませんでした。

またいつか良くなって、いつも通りの生活をする。風邪のようなものだと思っていたのでしょうね。

少しずつベッドから出てくることが少なくなる。病室で会うことも多くなってくる。そんな姿をみているのに、今思えば当然なのに……、当時の私は気づきません。

死ぬとは思っていませんでした。

しかし、親しい人が亡くなってはじめて、本当に「死」があると実感しました。「死」は身近にあるものなのだと実感しました。「死」は、この身に降りかかってくるものなのだと実感しました。

ただ頭で分かったわけじゃありません。実感した。骨身に染みたのです。

そう……、私もいつか死ぬ。

だから同時に「後悔なく生きなさい」と最期に教えられたような気がしました。私はこの時初めて、生きる上で、死を学ぶ大切さを学びました。

仏教、特に禅では、必ず「生死(しょうじ)」と言います。

一生と「生」だけでは言いません。「生」と「死」は切っても切り離せない。「死」を考えるということは、仏教において避けては通れない道です。

私達は「生」まれたからには、「生」きているからには、必ず「死」にます。そして「死」ぬという事実は、必ず「生」きている事実があるから起ります。

「生」きるってことを考える時、かならず「死」も考えます。「生死」は切っても切り離せない、必ず共にあります。

片方だけに囚われるのは、表裏の片面だけに囚われるようなもの。

生きているのが当たり前と思って、死を忘れてしまう。それでは、生きているありがたみを忘れてしまいます。

逆に死に囚われて、今、生きているというこの事実を忘れてしまう。それでは死の恐怖に囚われてしまいます。はたまた、死そのものに逃げ込んだりしてしまうこともあるかもしれません。

生と死、これはきっても切り離せない。だから「生死」というのだと思います。「生死事大」( 仏教エピソード第31話)というのだと思います。

「生」を考える上で、「死」は絶対に避けては通れない。これが私がこのエピソードから受けたメッセージです。

2017年7月

タイトルとURLをコピーしました